歯科医師の方々はこちら

目立たないマウスピース矯正

スターアラインとは

スターアラインとは、透明なマウスピースを用いて歯並びを矯正する新しい矯正治療です。
治療のゴールに向かって、現在より少し矯正された歯並びのマウスピースを着用していくことで、少しずつ歯を移動して矯正治療を行います。
従来のブラケット治療と異なり、下記のような特徴があります。


スターアラインのメリット

目立たない

従来の金属を用いたブラケット治療とは異なり、透明なプラスティックでできたマウスピースを着用しながら矯正治療を行うため、着用しているかどうかがほとんどわかりません。
人と会う機会が多い方、治療中の見た目を気にされる方にお勧めの治療方法です。

取り外すことができる

従来の矯正治療と異なり、患者様ご自身で着脱することが可能なのがマウスピース矯正の大きな特長です。
食事中は取り外していただけるので、装置への食べ物の挟まりを気にすることもなく、美味しく食事を楽しんでいただけます。
また、食後は綺麗にブラッシングしていただけるため、いつも口腔内を清潔に保つことができます。

痛みが少ない

金属のブラケットを使用しないため、従来のように唇や口腔内を傷つける心配がありません。
金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけます。

治療完了時のゴールイメージが最初に確認できる

従来の矯正治療は、ブラケットとワイヤーを用いて歯を動かしながら、治療のゴールを都度模索していくため、治療が完了するまでゴールをイメージすることができませんでした。
スターアラインでは、口腔内の情報をデータ化し、治療完了時の歯列を3Dシミュレーションするため、治療開始時にゴールイメージを確認することができます。
※あくまでゴールイメージであり、シミュレーション通りに治療が進行することを保証するものではありません。

詳細はこちら


スターアラインの優位性

創業100余年の岩渕薬品グループが提供するMade in Japanの安心のマウスピース矯正ブランド

創業100余年を迎える岩渕薬品の子会社であるテクノハがスターアラインを提供しております。
Made in Japanなので日本語でスピーディーな対応が可能なため、患者様の急なトラブルもすぐに対処いたします。

定額料金制なので追加料金がかからない

破損、紛失、治療が進まないことによる再製作などにおいて、追加で費用がかかるブランドが多い中、スターアラインでは定額料金制で追加料金がかかりません。
※決められたルールに則って着用をしていただけない、定期的な来院がなされず適切な治療ができないなど、治療が一向に進まない場合は、追加で費用が発生する可能性があります。

3ヶ月に1回リカバリーが可能

患者様の個体差や着用時間の短さなどから、計画通りに治療が進まないケースがあります。
しかし、スターアラインでは3ヶ月に1回再設計をするシステムを取っており、万一計画からずれてしまった場合でもリカバリーが可能です。
※ケースによってはリカバリーができず治療期間が伸びてしまったり、ゴールイメージが変化することもあります。

岩渕薬品のHP


マウスピース矯正は
こんな人におすすめ


治療の流れ

STEP 1: スターアライン取扱い歯科医院に相談

まず、スターアライン取扱い歯科医院を選び、初回のカウンセリングの日程を決めます。
コンサルティングの段階では、スターアラインの治療法が、ご自身の歯並びの状態に合うかどうかについて、歯科医師と詳しく話し合います。
お近くの取扱い歯科医院はこちらから検索してください。

STEP 2: 治療計画の作成

つぎに、お口の型取りを行います。
そしてお口の模型から、歯の3Dデジタル画像を作成します。
これらの画像から、シミュレーションをおこない、歯をどれだけ移動させる必要があるのかといったことを検討し、治療計画を作成、大まかな治療期間を割り出します。

STEP 3: アライナーを受け取る

歯科医師から治療計画と治療の注意点について説明を受け、ご同意いただきましたら、治療計画にしたがって、専用のアライナーを製作します。
日中はアライナーを着用したまま過ごし、食事や歯磨きのときだけ外します。
段階(ステップ)ごとにアライナーを変えて装着するという一連の流れを繰り返していくことにより、歯列を徐々に整えていきます。

STEP 4: 1週間〜2週間おきにアライナーを交換

1週間〜2週間おきに新しいアライナーに交換するとともに、次の治療段階(ステップ)へと移ります。
進行状況の確認のため、治療中は3週間〜6週間に一回、歯科医師の診察をうけましょう。
適切な治療期間で最大の治療効果を得るためにも、治療中は、一日18時間以上アライナーを装着してください。


適応症例・実際の症例について

叢生(クラウディング)の症例

叢生
(クラウディング)

26歳の女性の方で、あごが小さく、通常収まるべき位置に歯が入りきれていないことが問題でした。
担当歯科医師より、このまま放置すると虫歯や歯周病のリスクが高まり、歯の寿命が短くなる可能性あることを説明した結果、スターアラインで約10ヶ月間の治療を行うことになりました。

交叉咬合(クロスバイト)の症例

交叉咬合
(クロスバイト)

27歳の女性の方で、この患者様は上のあごと下のあごの位置がずれて見えることにお悩みでした。
これにより、上の歯が下の歯の内側に入り込んでしまい、歯の摩耗が生じているかもしれないとのことでした。
担当歯科医師は、将来歯周病になる可能性があると説明し、その結果、約9ヶ月間、スターアラインで矯正治療を行うことになりました。

空隙歯列(スペーシング)の症例

空隙歯列
(スペーシング)

56歳の男性の方で、この方は、歯と歯の間に大きな隙間ができていることをお悩みになっていました。
担当歯科医師は、見た目の問題だけでなく、将来的に歯周病になる可能性があることを説明し、その結果、約10ヶ月間、スターアラインで矯正治療を行いました。


スターアライン取扱医院を探す

スターアラインで矯正治療ができそうか、近くにスターアラインを扱っている歯科医院があるかなど、お気軽にお問い合わせください。

都道府県別で探す

お問い合わせ

お知らせ/プレスニュース

2022年7月15日
2022年夏季休業のお知らせ

弊社では以下の日程を夏期休業日とさせて頂きます。 休業にともない、休業前の診断依頼等の受付は以下の通りとなりますので、予めご了承ください。 休業中、関係者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げ…

>> 詳細はこちら
2022年4月1日
ゴールデンウイーク休業のお知らせ

弊社ではゴールデンウィーク中、下記のとおり休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。 また、休業にともない年内の診断依頼の受付、納品等は以下の通りとさせていただきますので、予めご了承ください。 休業期間中はお客様をは…

>> 詳細はこちら
2022年1月27日
臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社では下記日時を社内研修に伴う臨時休業とさせていただきます。 休業期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。     ■臨時休業日 2022年2月17日(木) 2022年3月1…

>> 詳細はこちら

お知らせ一覧