小児矯正治療

小児矯正のイメージ

長年に渡る予防歯科への取り組みの成果によって、虫歯の数は年々減少し続けています。一方で、加工食品が中心となり硬いものを食べない食生活へと変化した結果、顎の発育が十分でなく歯並びの悪いお子様が年々増えております。

歯が並ぶスペースがない狭い顎に大きな永久歯が無理やり生えてしまうと、歯並びがガタガタになってしまうからです。そうならないために行う予防的な治療が「小児矯正」です。

子供の顎の骨は柔らかいため、顎の発育を促す治療をすることで、永久歯が並ぶスペースを確保することができます。また、歯並びを悪くするような癖(指しゃぶり、口呼吸など)を治すことも重要です。小児期にそのような予防的な矯正治療をしておけば、歯を抜いたりすることなく、マウスピース矯正等による短期間の治療で矯正できる可能性が高くなります。

小児矯正治療の参考

大きくなってからと先送りするのではなく、お近くの歯科医院にご相談されてみてください。

医院を探す